施工実績/材質/予算から選ぶ


材質から選ぶ

お墓は永い間風雨にさらされて大切なご遺骨を守っていくものなので、本来ならば材質から選ぶのが最も良いでしょう。しかし、ひとくちに材質と言ってもその種類は様々です。

また、お施主様から「もし石屋さんが自分のお墓を建てるならどんな材質の石を選びますか?」というご質問を度々受けます。そこで今日はこのホームページをご覧の皆さんに特別にお教えします。

重視するのは以下の3点です。

1.石の硬さ

石だから全て硬いというのは正確ではありません。

ひとくちで『石』といっても花崗岩安山岩、閃緑岩、斑レイ岩、凝灰岩、石灰岩など数多くの種類がありますが、お墓に使用される石は花崗岩、安山岩、斑レイ岩が主流となっており、一般的に言われている御影石とは主に花崗岩、斑レイ岩を指します。神奈川県産 小松石

安山岩の代表格である小松石(神奈川県産)は花崗岩と比べると硬さは劣りますが、独特のしっとりとした色合いをしており、硬さをそこまで重視しない方には受け入れられています。

佐賀県産 天山石

 

白系の花崗岩の中でも屈指の硬さを誇る天山石(佐賀県産)は、硬さゆえの艶もちの良さで和型墓石・洋型墓石問わず人気のある石種の一つです。

 

硬いとなぜ良いのか?それは劣化しにくいからです。劣化しにくいということは、適切なお掃除をして頂ければいつまでもお墓をピカピカに保てるということです。

 

2.吸水性

石は工業製品とは異なる自然の産物ですから、見た目は同じように見えても全く違った性質を持っています。

A.水を吸いにくい石

B.水を吸うが、吐き出す石

C.水を吸って、吐き出しにくい石

Aが良いことはお分かりになると思いますが、BとCの差はその石材店が蓄積している永年の経験がモノをいいます。

左下の写真の石は、下3分の1くらいが色が濃くなっており、右下の写真は右半分の色が濃くなっています。

これが水を吸うということです。A、B、CでいえばCの石です。

白御影石           グレー系御影石

            吸水 kyusui2

石が水を吸うとなぜ悪いのか?それは染みになったり、変色の原因になるからです。ですから、できるだけ水を吸いにくい石を選ぶことが重要です。

 

3.コストパフォーマンス

石の質に見合った価格かどうかも重要です。一概に日本の石だから良い、外国産の石だから悪いということはありません。

A.石の質が良いから高いのか

B.希少性のある石だから高いのか

C.加工の際の部損率が多いから高いのか、その他

価格の理由はまちまちですが、同じ金額でお墓を作るのであればAの石が良いですよね。弊社ではご予算の範囲内で最良の石をご提案いたします。

希少価値 < 石の質

弊社は高い石でお墓をつくりたいのではありません、家族の絆が紡がれていく大切なお墓を良い石でつくりたいと考えています。

 

石は自然の産物ですので完璧な石はありません。石の硬さ、吸水性、コストパフォーマンスなどの中でどれを最も重要視するか、ご自身でも決めて頂くと同時に担当スタッフまでご相談下さい。そこで弊社が具体的にお薦めできる石種をご紹介します。下記の石は決して安価な石ではありませんが、決して損はさせないでしょう。

【日本産】

※画像クリックで拡大表示できます。

福島県産 浮金石

福島県産
浮金石

宮城県産 伊達青石

宮城県産
伊達青みかげ石

佐賀県産 内垣石

佐賀県産
内垣石

神奈川県産 小松石

神奈川県産
小松石

福島県産 中山石

福島県産
中山石

佐賀県産 天山石

佐賀県産
天山石

岡山県産 北木石

岡山県産
北木石

岡山県 万成石

岡山県産
万成石

【外国産】

※画像クリックで拡大表示できます。

スウェーデン産 ファイングレイン

スウェーデン産
ファイングレイン

インド産 アーバングレー

インド産
アーバングレー

インド産 M1-H

インド産
M-1-H

アメリカ産 アメリカンピンク

アメリカ産
アメリカンピンク

インド産 クンナム

インド産
クンナム

中国産 K-1704

中国産
K-1704

インド産 C-1

インド産
C-1

インド産 ニューインペリア ルレッド

インド産
ニューインペリアル
レッド