お墓あれこれQ&A

2015年6月18日

本当にその銘柄の石を使っているのですか? 【石について】


弊社Facebookページに【いいね!】をして下さると嬉しいです(^^)

営業の石井です。

基本的には見積書や契約書に明記している石をきちんと使っていますが、もし気になるようでしたら有料になりますが日本石材産業協会が発行する石材産地証明書などをの提出を石材店に求めても良いかもしれません。

弊社ではご希望により日本石材産業協会の石材産地証明書を発行することもできます。

石材産地証明書石材産地国証明書

 

以前、マスコミに大きく取り上げられたのは韓国産の石を国産の高級石材と偽って販売していた業者の例です。

①大島石という国産の中でも高級石材にあたるものを使用した墓石を注文・建立したが、業界関係者に後日鑑定を依頼したところ、実際には韓国産のみかげ石であった。

②発行された産地証明書は偽造されており、販売石材店は営業をしていない。

③販売石材店は卸売業者に騙されたと証言。

結論から言えば、石の見る目がない業者がいて、意図的に偽装が行われていたということです。
我々業界の中でも非常にショッキングな出来事でした。

また、国産の石に似た名前が付けられた外国産の石が数多くありますので注意が必要です。
外国産だから悪いということではなく、仕入れ価格や性質が異なる外国産のものをあたかも日本産のように販売することがまずいのです。

国産の石種と類似した名前の外国産石材
香川県産  庵治石 → 中国産 中国庵治(G601)
山梨県産  山崎石 → 中国産 中国山崎(G011)
神奈川県産 小松石 → 中国産 中国小松(G678)
茨城県   稲田石 → 中国産 中国稲田(G655)

 

静岡県伊豆・伊東市・東伊豆町・メモリアルパーク花の郷墓苑あしたか(沼津)
お墓・墓地・墓石のことなら
株式会社 石井石材
担当 営業部 石井
TEL 0557-51-2122
FAX 0557-51-3009
Mai ishiya@gold.ocn.ne.jp
HP http://www.ishii-sekizai.co.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/ishii.sekizai           so soなブログ http://blog.goo.ne.jp/141sekizai