お墓あれこれQ&A

2016年8月25日

お墓の引っ越し(移転) ケースA(遠方なので編)


弊社Facebookページに【いいね!】をして下さると嬉しいです(^^)

伊東市・東伊豆町の石材店 石井石材 営業部の石井です。             私のプロフィールページはこちらからご覧ください。

 

核家族化や葬送の形態が変化していることが主因となり、ここ数年でお墓の引っ越し(移転)・遺骨の引っ越し(改葬)のお問合せが増加しています。

では、お墓の引っ越しのモデルケースを見てみましょう。

 

お墓の引っ越しのケース A

Aさんは現在、静岡県伊東市に家族4人(自分、妻、長女、長男)で住んでおり、住宅も購入しています。illust1641_thumb

実家である高知県に先祖のお墓があるが、遠方のためなかなかお参りに行くことが出来ない。

また、お参りに行くにも泊まりがけでないと行けなく、家族4人分の交通費や宿泊費などもかさんでしまう。

両親は既に他界しているので、実家の近くに住んでいる親戚が今のところはお墓の管理をしてくれてはいるものの、今後ずっと任せっきりにもできないし、親戚自身も高齢になってきている。

古いお墓ではあるけれど、家族がずっと手を合わせてきたものだから処分するのは忍びない…どうにか良い解決案はないだろうか。

 

はい、お墓の引っ越しをしましょう!

まさにお墓の引っ越しに打ってつけのケースですね。

●お墓の引っ越し(移転)手順 http://ishii-sekizai.co.jp/_03/_02

長らく守ってきたものだから、そしてそれがお墓となれば想い入れは強いと思います。

解体撤去して、新たにお墓を建てるのも1つの案ではありますが、移転に耐え得る状態の石であれば、再度お墓としてお祀りすることをお勧めします。

※軟石や地石などの場合には、石の性質と経年変化によってクレーンで吊上げただけで割れてしまうような脆い石もありますので、このような場合にはあまりお勧めはできません。

 

伊東市から高知県までお墓を取りに行くの?

いいえ、ネットワークを活かして現地で作業して頂ける石材店さんにお願いします。

我々が行けないこともないのですが、さすがに高知県まで行くと色々な経費が掛かってしまいます。

全優石: http://www.zenyuseki.or.jp/

全国石製品協同組合: http://zenseki.or.jp/

日本石材産業協会: http://www.japan-stone.org/

弊社はこのような業界でも屈指の団体に認定・加盟しております。

 

リフォームで見違えります

移転してきたお墓をそのまま新しい墓所に設置しても良いのですが、せっかくここで長きにわたってお祀りしていくので、少し手をかけてあげてはいかがでしょうか。

磨き直しをすれば作られたときと同じような艶を取り戻すことができるかもしれませんし、そこまで古くない場合はクリーニングだけでも充分綺麗になるかもしれません。

免震工法を施すのもお勧めです。illust590_thumb

まとめ

簡単ではありますが、今回のモデルケースは以上となります。

大切なお墓をお近くに移転するということは重要なことですが、もう1つ重要なのは金額ですよね。

①実際にお墓がある墓地(移転元)                       ②次にお墓を建てる墓地(移転先)

この2点が分かればお見積りが可能です。

ただし、移転先が民間霊園や寸法(サイズ)・設計に制限がある墓地などではこの限りではありませんのでご注意ください。

いずれにしましても、大切なお墓をお近くへ移転したいというお気持ちにお応えできるようにアドバイス・お手伝いをさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

静岡県 伊豆・伊東市・東伊豆町・メモリアルパーク花の郷墓苑あしたか(沼津)
お墓・墓地・墓石・終活のことなら
株式会社 石井石材
営業部 石井                                 住所 静岡県伊東市富戸1309-11
TEL 0557-51-2122
FAX 0557-51-3009
Mai ishiya@gold.ocn.ne.jp
HP http://www.ishii-sekizai.co.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/ishii.sekizai           事務スタッフブログ http://blog.goo.ne.jp/141sekizai