株式会社 石井石材店

静岡県 伊東市・東伊豆町・河津町のお墓と供養の全てを全ておまかせ

新着情報

  • 国産の石を使用したお墓の施工事例

    2021年10月4日

  • 【ワイン検定】シルバークラスの申し込み開始です

    2021年10月1日

  • 天城霊園 芝生墓所の完成事例

    2021年9月29日

石井石材 お役立ち情報を検索!

このような方へ、当店でのお墓づくりをオススメします

  • 詳しい説明を聞きながら、納得してお墓を作りたい方
  • 国産の石を使ってリーズナブルにお墓を作りたい方
  • 今のお墓の維持や管理についてお悩みの方

初めての方へ

石井石材のホームページにようこそ。

私は昭和2年(1927年)より静岡県伊東市、東伊豆町を中心にお墓づくりをしている石屋の4代目 石井幸太郎です。
お墓や供養のことはあまり経験することがないことですし、人に聞きづらいことでもありますよね。
私たちはお墓をつくることだけが仕事ではありません。
このホームページを訪れてくださったあなたにぴったりの供養の仕方を提案することが使命だと考えています。
「そうだ、石井さんに聞いてみよう」
そう言っていただけるような会社を目指して皆さんと共に歩んでまいります。

4代目 石井幸太郎

お施主様と当店が心を一つにしたお墓づくりをご紹介します

青春時代の仲間や家族との思い出を形にしたお墓

お客様の声:伊東市K様

生前中は、みなさまにはお世話になりましてありがとうございました。
父の死は、余りにも突然で、平成21年6月に同窓会中に倒れて他界しました。
月日がたつのは、早く半年が過ぎようとしていました。
お墓は一生のうち、何度も購入するものではありませんのでいざお墓を買うとなればお墓の石やデザイン、予算など考えるべきことはいくつもありました。お墓は、父が生前中に土地は購入してある状態でした。ハッキリ言って、まったく分からないことばかりで、知り合いに聞いたり、石材店に足を踏み入れることでなんとなく家を建てる事と似ているように思えました。
伊東市の石井石材富戸工場の店頭にある墓石を見ている時に、石井幸太郎様にお会いし丁寧な説明を受けました。伊豆で地震があった後の “お客様のお墓は、その日に見回りに行った事”のお話が印象に残り、母が地元の石井石材様のお店を選び、お墓を建てることが始まりました。
まずは、石を選びます。決して安いお買い物ではないので、一生のものですから石の質が良くて、飽きのこない色やデザインを決めるのに石のサンプルもお借りしました。
そして、お墓は夫婦で中国旅行に出かけた時の思い出と、年をとってもおしゃれでジャズコンサートに足を運び、ビリヤードも趣味にしていたイメージをテーマに幸太郎様のアドバイスと母のアイディアに任せ設計が進みました。父は、幹事を務める同窓会中、皆さんの中で倒れてしまい、ご心配とご迷惑をかけてしまいましたが、まだまだ同窓生のみなさまと一緒に過ごしたかったことと思います。そんな父がいつでもみなさんに会えるように校章を刻みました。校章を入れるにあたりましては、同級生の方にもお世話になりました。
お墓の文字や家紋、校章等の入った設計図面がメールで届くたびにいつしか、お墓が建つことが、楽しみ(表現が適切か分かりませんが・・・)になってきました。

母が選んだ石で幸太郎様のデザインは、曲線と曲面、球体を用い、くつろぎのスペースもあり、デザインは和洋のシンプルさを、墓石は伝統の位牌型をモチーフにして現代にマッチするお墓です。校章がシンボルとなり、足元には、蓮の花を咲かせ、小柄な母が安心してお参りができ、中心に墓石を配置することで存在感や重量感にあふれています。家族の中にいつでも父(ご先祖様)があるように思え大黒柱を失った悲しみを救ってくれたお墓になり、いつの世代にも受け入れられるようなお墓になりました。
平成21年11月13日、曇りで途中小雨が降りましたが無事に納骨を済ませることができました。
「ありがとうおとうさん。」
お墓とは、自分がこの世から去っても、子孫を通じてずっとお世話になるものです。しっかりとした知識を身につけて、安心して購入したいものですね。
これからも、サポートをよろしくお願いいたします。

その他のお客様の声

  • S様

    主人が突如交通事故によって命を奪われて4回目の春を迎えました。 無念さ・悲しみ・痛みを思うと、どうしたらその苦しみから救えるか一生懸命の日々でした。 お墓づくりにおいてもそうでした。 主人ならどう思うだろうか?自分なりに […]

    2014年1月17日

    さらに読む

  • 大木様

    亡き父を想う時、寡黙・生真面目・心根の優しい、と言った、言葉が浮かんで来ます。 戦後父は縁あって小田原の実家から伊東に移り住み、鉄工所を立ち上げ、母と結ばれ此の地を終の住家としました。 戦後の混乱と復興の中、叩き上げの鍛 […]

    2014年1月17日

    さらに読む

  • 渋谷様

    以前のお墓はとても古く、名前も所々消えてしまい、強い風が吹くと傾いたり、一部外れたりしていました。 母は生前、いつもお墓の事を「建てらんなね、建てらんなね」と、気にかけていました。 3年前の夏、母がなくなり、私は母が建て […]

    2014年1月17日

    さらに読む

  • 村松様

    神徒である当家の墓地は東京雑司ヶ谷にあります。 十数年前父はその墓地を改葬しました。いずれ、そこに眠ると考えていたと思います。しかし晩年、家族と過ごした伊豆の地に、我が家族の歴史を刻むべく、新たに建墓することを、望んでお […]

    2014年1月17日

    さらに読む

  • 三田様

    夢のような墓碑 長年の懸案だった「墓碑」の建立も終り、今、私と妻はホッと一息つくところです。私は69歳ですが、私たち家族にとり、この墓碑建立に至るまでには気も遠くなるほどの嶮しい道のりが内在しているのです。 私の母は98 […]

    2014年1月17日

    さらに読む

  • 佐藤様

    私は、62歳になる今日まで幸か不幸か家族との別れを経験したことがありませんでした。 享年85歳で死と云うものを向かえた父は、40代半ばで墓地を購入しその日に備えては居ましたが墓石は建っておらず、私が初めて向合う事柄のひと […]

    2014年1月17日

    さらに読む

動画でもご覧ください

  • 2014年6月30日 お客様インタビュー4

  • 2014年6月2日 お客様インタビュー3

  • 2014年6月2日 お客様インタビュー2

  • 2014年5月13日 お客様インタビュー1

私達はこんな思いでお墓を建てています

  • 伊豆で一番お墓参りに行きたくなる
    お墓づくりを目指しています。

    お墓は建てて終わりというものではありません。
    建ててからどれだけお施主様の心の支え・拠り所となれるかが重要と考え、自然とお墓参りに行きたくなるようなお墓づくりに取り組んでいます。

  • 伊豆で一番お客様に寄り添う石屋を
    目指しています。

    お墓を建てるということはお施主様のことを深く理解するということです。時には一緒に泣き、時には一緒に笑い、お施主に深く寄り添ったお墓づくりを心掛けています。
    新しいお墓だけではなく、ご先祖様の思いが込められたお墓のリフォーム工事なども喜んで承ります。

  • 提案力には自信があります。

    単純に安い、見た目のデザインが良いということではなく、お墓の本質的な部分を考えて提案をします。
    そんな中では国産の石や、質実剛健な設計、技術力を活かした提案でコストパフォーマンスの良さを発揮してまいります。

全優石加盟店ならではの安心 ダブル保証

「全国優良石材店の会」認定店のネットワークでお墓の万が一にも対応します。

当店が建てたお墓には当店と加盟する全優石の「ダブルの保証書」が発行されます。 万が一の場合には、建てたお店と全優石の組織全体で保証する、他には例のない「ダブル保証制度」です。

安心のダブル保証

お問合せ方法

お客様のご都合に合わせて連絡手段をお選びください。